線路端風景録

夏草茂る

只見線は9時前に会津川口駅を出発する426Dが行ってしまうと、概ね3時間ほどの空白ができてしまう。
いつもはなんだかんだでうまく暇を潰していたのだが、この日はどうも合間にやりたいことが無かった。
第一橋梁の下で水鏡のキハをゲットした後は結構悩んだ末、SLを撮ることに決めた。

国道49号と磐越西線が離れるため、あまり訪れることのなかった豊実方面へ。
煙が期待できるという面縦ポイントに向かった。

真上から降り注ぐ痛さを感じるような陽射しが降り注ぐ。
どのくらいの画角を取っておけばよいのかは正直よく分からなかった。
b0329148_20363259.jpg
2017/7/9 磐越西線 8226レ 豊実~日出谷

列車本数がかなり少ない区間であるからか、線路は夏の草に占拠されている。
漆黒の機関車は草など気にせず、その車体の高さを超えるほどの煙を上げて走ってきた。
煙はおそらく悪いことはないのだろうが、車体横の標識を排除できなかったのが悔やまれる。

この後は杉峠を越えて再び只見線へ。
結果としてSLを撮りにこちらへ来たことは失敗であったのだが、それは終わったからこそ言えることだ。

[PR]

# by wakashiosai | 2017-07-20 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

18時10分

何度か訪れた只見線であるが、陽の長い時期に撮っておきたいものがあった。

もう3週間ほど前となる、6月11日は梅雨入り前のラストチャンスと踏んで急遽会津へ。
朝は川霧が狙えるかと思っていたが、仮眠から起きることが出来ず朝は遅めのスタートになった。

流れてくる雲に背景を暗くされたり、撮影地を誤認して辿りつけないなどあり日中の戦果はほぼなし。
水鏡を狙える会津盆地を見下ろす俯瞰にも立ち寄ったが雲にやられてしまった。

そうして下界に降りた17時過ぎ。
まだ雲は西の低空に残っていた。

ブナりんラッピング車が通るときは影の中。

今日の最後に期待する18時前。
西の空から希望の陽射しが降り注ぐ。

もう雲は来ないと確信できた通過の少し前。
設定の最終確認をする。遠くから車体が見えてきた。
b0329148_16082640.jpg
2017/6/11 433D 只見線 会津高田~根岸

そして迎えた18時10分。
空の抜けもよく、夕方の斜陽を目いっぱいに浴びたキハ40の4両編成が通過していく。
なかなか上がらなかった戦果もこれ1枚で覆ったような気さえする。

最初から撮りたかったものは無事に撮ることができた。
勝利の余韻に浸りながらウキウキの帰宅。

[PR]

# by wakashiosai | 2017-07-04 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

海岸段丘

海岸線のすぐそばに段丘崖が迫る追良瀬の海岸。
追良瀬川の南側では国道も線路と共に海岸線に沿って通るが、北側は国道が段丘面に上がってしまう。
台の上に鉄道を通せるはずもなく、ここでは五能線だけが海と崖の間隙を縫う。

海に突き出るようにある塩見崎の近くから夕暮れの海岸をいく列車を狙った。
b0329148_21341339.jpg
2017/5/4 2833D 五能線 追良瀬~驫木

遠くまで続く崖は、ゴールデンウィークの喧騒すらよそにする。
そんな気がした。
川の向こう側に姿を現した列車はすぐには足元にやってこない。
広がる海を眺めながら、ゆったりと流れる時間を楽しんだ。

[PR]

# by wakashiosai | 2017-06-13 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

赤+青

GWは遠く青森まで。2年ぶりに足を運んだ。

何度か訪れた北東北、撮影対象はブルトレや485系・583系がメインとなっていた。
それらのすべてが過去の物となってしまった今。
本線をゆく花型に隠されてしまっていた物たちに焦点を当てる。
男鹿線に蓄電池車が入るなど、ついにキハ40系にも終わりが見えてきたようだ。

深夜の東北道をひたすら走るということは今回はせず、18きっぷを使った旅行のように急がず北を目指す。
黒埼PAで2時間半ほど仮眠し、笹川流れ回りで勝木を目指す。
日本海を望む国道沿いの撮影地で新潟色のキハを撮ることにした。
到着した場面では山の影が迫っていたが、通過までには無事抜けた。
b0329148_21054349.jpg
5/3 821D 羽越本線 勝木~府屋

色の種類が豊富な新津のキハ40。
どれが来るかは通過するまでのお楽しみという時もある。
個人的な好みも分かれるものだとは思うが、好きな色を追いかければよいと思う。
新津だけでも数色あるが全国各地様々な塗色が走っている。
西の方では朱色への統一が進むものの、各地域ごとの個性が垣間見えて面白いものだ。

時折休憩を挟みつつ、日本海側を北へと向かった。

[PR]

# by wakashiosai | 2017-05-26 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

すぐそこにある非日常

「なにもない」があるところ。
目立った観光地などは少ないし沿線は田んぼや山林ばかり。
確かに「なにもない」ところなのかもしれない。

でも、そんなものは宣伝のための文句でまやかしにすぎないと思うんだ。
b0329148_21270524.jpg
2017/4/16 いすみ鉄道いすみ線 102D  総元~西畑

非日常的な光景が広がる沿線。
こうして春になれば花咲き誇るポイントがあるのだから。

東京から1時間半の非日常空間。
近さゆえにいつでも、何度でも行くことが容易である。
刺激的だったはずの沿線風景がいつもの景色になってしまうのかもしれない。
きっとそれは恐ろしいことなのだ。

[PR]

# by wakashiosai | 2017-05-10 21:00 | 鉄道撮影(私鉄) | Comments(0)