線路端風景録

寄り道

2011年の夏に千葉の電化各線から113系が消え、翌年の秋に久留里線から国鉄型の音が消えた久留里線。
それ以来鉄の足音も消えてしまったような気もします。

少しだけあじさいと国鉄型を絡めた写真を撮った後は中野で昼食を撮り、小湊鉄道を撮りつつその帰り際に久留里線へ。

久しぶりにやってきた小櫃の撮影地。
撮影地の勝手などをすっかり忘れてしまい、通過数分前に慌てて側面がちな構図に変更。
ステンレスだしあまり目立たないんだろうなぁと思いつつも列車を待ちました。
やがて踏切がなり短い汽笛と共に列車が通過。
b0329148_20271099.jpg
黄色い扉がよいアクセントになって、意外と存在感がありました。

営業開始から1年半がたち、この新しい主役もだいぶこの風景になじんできたのではないでしょうか。

[PR]

by wakashiosai | 2014-06-20 20:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(1)
Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-01 18:52 x
えっとこちらのブログすごいびっくりして…

なんだか自分のことを言い当てられてる気がするくらい、思わずブックマークしちゃいました!

共感もしたし、本当にウチの中で大切なことが書き込まれてるブログだと思ったんです。こんなにも素敵なブログを書く方ってどんなひとなんだろう?って思って

興味津々で初めて書き込みさせてもらいました!

なのでできれば直接お話ししたいと思って、名前の部分にウチの連絡を入れておいたのでよかったら連絡してくださいね。待っていますです!

※もし面倒ならこの書き込みも抹消しちゃって構わないので気にせずにお願いします。

いっぱいお話ししたいことだらけです!
<< 笹川流れ 梅雨の早い中休み >>