線路端風景録

二丁切り

黒姫山バックに妙高4号を撮った後は野尻湖でまったりし、昼過ぎに二本木~関山の撮影地へ。

間で撮るものがあまりないためか撮影者全体が早め早めの行動をしていたようで、2時間ほど前からちらほらと。
同じところに2時間いても仕方がないので、この近辺をうろついて写真を撮りながら妙高6号を待ちました。

いざ撮影地についてみて悩んでしまったのが構図。
少し望遠にして奥の架線柱を隠すように撮るか手前までひいたほうがよいか。

2つの構図で使うレンズは別だしカメラ本体は2台持ってきたし、ということで初めて2台同時撮影に踏み切ることに。

直前に下って行った115系は大失敗。

本番も失敗してしまったらどうしよう、と久々に相当の緊張を味わうことができたのですが、、
b0329148_20392363.jpg
奥で1枚、
b0329148_20393434.jpg
手前で1枚。

後に切ったほうは架線柱の処理に難ありというところですがいきなり思い付きでやった割にはなんとかなったかなというのが率直な感想。

もともとおまけ程度にしか考えていなかった標準レンズを使ったほうが見栄えがいいというのは皮肉なものです。

[PR]

by wakashiosai | 2014-10-16 20:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)
<< ゆく駅、くる駅 秋の黒姫山 >>