線路端風景録

赤+青

GWは遠く青森まで。2年ぶりに足を運んだ。

何度か訪れた北東北、撮影対象はブルトレや485系・583系がメインとなっていた。
それらのすべてが過去の物となってしまった今。
本線をゆく花型に隠されてしまっていた物たちに焦点を当てる。
男鹿線に蓄電池車が入るなど、ついにキハ40系にも終わりが見えてきたようだ。

深夜の東北道をひたすら走るということは今回はせず、18きっぷを使った旅行のように急がず北を目指す。
黒埼PAで2時間半ほど仮眠し、笹川流れ回りで勝木を目指す。
日本海を望む国道沿いの撮影地で新潟色のキハを撮ることにした。
到着した場面では山の影が迫っていたが、通過までには無事抜けた。
b0329148_21054349.jpg
5/3 821D 羽越本線 勝木~府屋

色の種類が豊富な新津のキハ40。
どれが来るかは通過するまでのお楽しみという時もある。
個人的な好みも分かれるものだとは思うが、好きな色を追いかければよいと思う。
新津だけでも数色あるが全国各地様々な塗色が走っている。
西の方では朱色への統一が進むものの、各地域ごとの個性が垣間見えて面白いものだ。

時折休憩を挟みつつ、日本海側を北へと向かった。

[PR]

by wakashiosai | 2017-05-26 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)
<< 海岸段丘 すぐそこにある非日常 >>