線路端風景録

18時10分

何度か訪れた只見線であるが、陽の長い時期に撮っておきたいものがあった。

もう3週間ほど前となる、6月11日は梅雨入り前のラストチャンスと踏んで急遽会津へ。
朝は川霧が狙えるかと思っていたが、仮眠から起きることが出来ず朝は遅めのスタートになった。

流れてくる雲に背景を暗くされたり、撮影地を誤認して辿りつけないなどあり日中の戦果はほぼなし。
水鏡を狙える会津盆地を見下ろす俯瞰にも立ち寄ったが雲にやられてしまった。

そうして下界に降りた17時過ぎ。
まだ雲は西の低空に残っていた。

ブナりんラッピング車が通るときは影の中。

今日の最後に期待する18時前。
西の空から希望の陽射しが降り注ぐ。

もう雲は来ないと確信できた通過の少し前。
設定の最終確認をする。遠くから車体が見えてきた。
b0329148_16082640.jpg
2017/6/11 433D 只見線 会津高田~根岸

そして迎えた18時10分。
空の抜けもよく、夕方の斜陽を目いっぱいに浴びたキハ40の4両編成が通過していく。
なかなか上がらなかった戦果もこれ1枚で覆ったような気さえする。

最初から撮りたかったものは無事に撮ることができた。
勝利の余韻に浸りながらウキウキの帰宅。

[PR]

by wakashiosai | 2017-07-04 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)
<< 夏草茂る 海岸段丘 >>