線路端風景録

カテゴリ:未分類( 5 )


ブルトレ信州

先月最後の日曜日は信州をブルートレインが駆け抜けるということだったので長野へ。

Twitterでは前日夜から場所取りが始まっているという不穏な書き込みが。
東京を日付が変わる直前くらいに出発して、坂北の有名な撮影地に着いたのは4時ごろ。
ですが、すでに大勢の三脚が林立しておりここで撮るのはあきらめた方がよさそうだということで聖高原よりの別な撮影地へ。

接近戦を試みる人もいて少し考えたのですが、この撮影地だと面がよく当たらないということなので刈入れ間近の田んぼと絡めて撮影することに。
待機中に来る列車はステンレスばかりになってしまい、長野の地から115系が消えていることを実感させられました。
着いた時は10人いるかいないかという勢いでしたが次第に人の数も増えて行き、最終的には未明に覗いた坂北くらいはいるのではという勢いになりました。

そして少し前面にも陽が回るようになったころ、本番の列車がガタゴトやってきました。
b0329148_20412111.jpg
前日に御嶽山の噴火があり空の様子なども少し心配でしたがここではその影響はない青空。
当日は雲の心配もすることがなく気持ちのよい天気でした。

塩尻~小野の目をつけていたところは草が生い茂っていて話にならなかったので追いかけて辰野の手前へ。
EF64 38側のヘッドマークの完成度が高いということでぜひやってみたかったかぶりつき。
b0329148_20412122.jpg
もう少しよれたほうがよかったですがこれでも悪くないでしょう。

最後、上諏訪への回送を撮るべくすずらんの里近辺の八ヶ岳が見える俯瞰に上がりましたが線路の近くに生えている木に阻まれ微妙な感じに。
冬は葉が落ちていい感じになるようなのですが…

帰りは渋滞ということで大月~八王子を一般道で抜けて東京へ。
相模湖で高速に戻ったほうがもしかしたら早かったのかもしれません。

[PR]

by wakashiosai | 2014-10-07 20:30 | Comments(0)

黄金の田んぼを見渡して

お盆が明けて夏の終わりが見え始めたころ。
また天気のよい日が続いたので連日撮影へ。

19日は3か月ぶりに夕方のモノサクへ。
3か月前はまだ田植え直後という感じだった稲はすっかり黄金色に。
もう刈入れ間近というところでした。

113系が消えて3年たち、普通列車は銀色の俯瞰してもあまり面白くない車両だけに。
狙うは特急型車両しかないというような状況でした。

3年ぶりに寺崎俯瞰へ。
手前まで引っ張るか少し奥で切るか悩み、結局奥で切ることに。
それにしても手前の休耕田が残念でなりません。
b0329148_20421032.jpg
通過したのは「しおさい」9号。
ちゃんと時刻表を見ず来ていたので想定外の列車。

5両の短い編成ですが、12両繋いでいる成田エクスプレスよりも引き締まった感じがしたのでこちらを。

[PR]

by wakashiosai | 2014-08-26 20:30 | Comments(0)

「あけぼの」~朝日をあびて

GWに青森まで行ってしまったので夏のあけぼのは本当にすこしだけ。

まだ夜が明けきらないころに目を覚まし、東の空の綺麗なことを確認し出撃。
編成も短くなってしまったので、今回は前から行ってみたかった赤羽面縦へ。
b0329148_21515566.jpg
朝日を浴びてラストスパート。
電源車の重い音と排気のにおいの通過と共に勝利を確信。

[PR]

by wakashiosai | 2014-08-21 21:30 | Comments(0)

快速高砂行

気づけばお盆が終わり8月も下旬がスタート。
時の流れの速さに驚くばかりです。

お盆前の晴れが続いた日は連日撮影に出てました。
話題の3400形の運用が多いということで、5日の夕方は京成へ。
列車密度はそれほど多くないのでのんびりと来る列車を待ちます。
この日は天気の心配も無用でした。
b0329148_22425310.jpg
まだ太陽が少し高かったかな、というような印象。
前から行ってみたかったところで白い車体を撮れてまぁ満足。

とても眩しい低い西日を浴びながらの帰り道。
もっとゆっくりしてから撤収したらよかったのかもしれません。

[PR]

by wakashiosai | 2014-08-20 22:30 | Comments(0)

さよならあずさ色

ふと画像のフォルダを眺めていたら昨年末の写真が結構ありました。

しばらく更新できなかった間にも撮影そのものはしていたのですが今日もまた少し前のネタ。

 ・ 

幕張区マリ31・32編成。
房総特急がまだ183系だったころ、定期列車に充当する編成と波動用の編成を区別するためにあずさ色のまま使われたそうです。
いつの間にか国鉄色の仲間はみんな旅立ってしまい最後まで残ったこの2編成。

成田臨などで撮ったときは無難な編成写真がすべてでしたので今回は趣向を変えて縦アングルで。
なんか縦の写真多いですね、このブログ。

趣向を変えたかった人が多かったのか梁川~鳥沢のトンネル飛び出しのところには多くのファンが。
その中を前のほうへなんとか入れてもらい撮影開始。ありがとうございました。

何本か先行の列車を見送ったあと、いよいよトンネルの向こうから本番がやってきました。
b0329148_20495846.jpg

HMがシールなのは少し残念ですが丸みを帯びた前面がよくわかるような光線状態。
冬の柔らかな陽射しのもと帰らぬ旅を続けていきましたとさ。

[PR]

by wakashiosai | 2014-04-15 21:00 | Comments(0)