線路端風景録

<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


はくたか、峠をゆく。

撮影に、学校に少し忙しくなった9月も今日で終わり。
夜に外で寝ていても問題なかったような暑さはどこかへ消えてしまい、いよいよ秋の訪れを感じています。

高山線へ行った翌日の朝は富山でトワイライトエクスプレスを撮り、そのあとは倶利伽羅峠へ。

北陸線のこの特急王国で狙うは行き交うすべての列車。
新幹線開業後は貨物と普通列車だけが細々走る区間になってしまうというのは考え難いものがあります。

ここへ行った10時代はちょうど北越もあるのですがあいにく雲の通り道となっており残念な結果に。
ただこれだけでは引き下がれないということでもうしばらく待機してみました。
b0329148_20472220.jpg
二本目のはくたかとサンダーバードは晴れカットを確保。
特徴的な流線型の車両で今日も金沢へ向け走り抜けていきました。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-30 20:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

初秋の高山へ

話は少し戻って9月中旬の連休。
キハ25形の進出に伴い先行きが怪しいJR東海のキハ40系の撮影をしに高山線の北部へ。

前日の夜に東京を出て、朝は少し大糸線で撮影したあと安房峠を越えて岐阜県突入。
そのまま寄り道せずにいけば東京から5,6時間という結構遠いところでした。

今回は鉄橋メインでいくことにしました。
それくらいしかあまり見つからなかったというのは秘密です。

高山入りしてまず行ったところは上枝~飛騨国府にかかる橋。
通過5分ほど前に到着。かなりギリギリでした。
向こうから列車がやってくるとドンドン側面が薄くなって…
b0329148_08492196.jpg
それらしい雰囲気は出せたかな、と。
この後角川方面に行きましたが雲がどんどん流れてきて大変悲惨なことになりましたとさ。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-27 20:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

沈みゆく景色

順番が前後しますが旬な話題を先に…

特に予定が無かった先週の日曜日は急遽、10月から八ッ場ダムの建設に伴い新線に切り替わるという吾妻線の川原湯温泉近辺へと行ってきました。

深夜に群馬県入りした後、日の出を眺めてから吾妻線沿いへ。
まずは不動大橋からスタートしましたが、高いところにあるこの橋は冷たい風が強く吹いており長くいるのがつらいほど。

いったん車に戻った後、2本目の列車が通るころになると風も穏やかになっていました。
1本目は縦で撮ったらあまり良くなかったので横がちの構図に変更。
b0329148_20393636.jpg
この線路に列車が通るのも今日でおしまい。
来週からは高いところに敷かれたレールの上を列車が走るようになるそうです。

今はすごく高いところにあるように思える不動大橋ですがダムに水が貯えられるようになったら、下を流れる川を見下ろすとゾッとするような高さはもう味わえなくなるのだと考えるととても不思議なものです。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-24 20:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

道南撮影記-No.5

いまはSLが走り始めて活気がある山線ですが、昼間はニセコのほうまで足をのばすも空振りだった二日目。

昼過ぎには内浦湾沿いに戻り、朝に俯瞰で教えてもらった北舟岡の撮影地へ。
トワ団臨の返しを撮るもまったくの無煙で上を大きくとっていたものの残念な感じに(という設定になっています)。

次の撮影地へ急ぎたいところで北斗は若干の遅れ。
三脚を片付けていたころにやってきたので手持ちで撮影。
b0329148_21070008.jpg
これを撮り終えた後はサッと撤収し移動開始。
しかし稀府に向かう途中でトワやら北斗やらを通していた貨物が足を阻みます。
室蘭から高速へ。途中雲が抜けて陽が出ており少し期待していました。

間に合うか怪しいところでしたが通過10分ほど前に白老の撮影地へ到着。
着いた時は曇り。もうダメかと思った3分前。
なんと、太陽が顔を出してくれました。
そして遠くからカシオペアを牽くDD51のライトが。
b0329148_21070385.jpg
影がかなり残念ですがまさに逆転サヨナラという感じの光線。
そしてこれにて北の大地ともさよなら。

2日間という短い間だったためか今はまた渡道したくてたまりません。
どうしようもないですね。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-23 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

道南撮影記-No.4

落部の撮影地は太陽が高くなるとよろしくないだろうということで場所を変更。

待機中にふと見つけた静狩の俯瞰撮影地。
行ってみたいとは思いつつも登り口の見当がつきません。
ダメだったら別のところでまた編成撮りをすればいいや、と半ば諦め気味に探索開始。

下をしばらくウロウロしたのち、既に待機してらした方を見つけ無事に上がることができました。
特急や貨物をやり過ごし、定刻に少し遅れておめあて北斗星がやってきました。
b0329148_21122170.jpg
なんとか這い上がった俯瞰ポイントで晴れ写真をおさめることができてこの日も朝から満足。

昼は暇なので山線へ。
ところが本数が少なすぎて撮るに撮れず、ただのドライブになってしまいましたとさ。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-19 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

道南撮影記-No.3

長万部で上りはまなすを撮り逃した後は深夜の国道5号を函館方面へ向かった先は落部~野田生の有名な撮影地。

撮影地脇の駐車場に着いた時には周りに大型トラックしか居らず。
車内で仮眠をしているうちに東の空が明らんでいき、三脚をセットした辺りで太陽が顔を出しました。
やがて駒ヶ岳も綺麗に見えるようになり、人も増えていきました。

天気の心配が無かったこの朝はカシオペアからスタート。
b0329148_20313279.jpg
後ろの車両をきれいにギラっとさせるには少し時期が早かったですがまぁ満足。
この後のトワ団臨までここで撮影した後は国道5号を北へと向かいました。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-18 20:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

道南撮影記-No.2

間隔があいてしまったので整理もかねて。
前回は、急に渡道を決定して朝下ってくる夜行を撮るというところまで書きました。

ニセコの方でSLが走るわけでもなく、あまり面白い被写体もなく昼間はどうしても暇になってしまうのが残念です。

この日は伊達市街でお弁当を買い、北舟岡駅で海を見ながらひとりさみしい昼食。
トワイライトエクスプレスは駅から撮るアングルだと貨物列車が被ってしまうので少し伊達紋別よりの撮影地へ。

着いた時は晴れていたのですが次第に雲が増えていき影は見えなくなってしまいました。
そんな状況がしばらく続いていざ通過5分ほど前になると海の向こうが晴れているではありませんか!
少しでも持ち返してくれればいいという状況でやってきました。

砂 を 撒 き な が ら
b0329148_20473308.jpg
後で聞いた話だと結構手前から砂撒きをしていたとか。
露出は持ち返してくれましたが切り位置も相まってすこし残念な結果となってしまいした。

この後は有珠~長和の国道脇に行きましたが列車通過時だけ曇りで完全に下見という感じに。
豊浦で夕日を眺めて夕食を撮ったあと原野でセルフ肝試しをして長万部へ。
はまなすを撮ろうとするもSDカードを入れ忘れるという大失態をおかしました。

翌日へ続きます。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-17 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

道南撮影記-No.1

Twitterを眺めていたら北海道を走る列車のよい写真がきっかけで急遽北海道行きを決定。
9/6の夜に成田を出ておよそ半年ぶりに北の大地へ。
3日前に飛行機の予約をしても往復2万で行ける便利な時代になりました。

伊達紋別で友人方と合流し、翌朝に向かったのは長万部の先の旭浜にある直線。
夜は雲も多く天気が少し不安でしたが、未明には綺麗な星空が見えるようになりました。

非電化区間なのでできるだけ背景はスッキリさせたいのですが下りを撮るとなるとどうしても電柱と電線が入るところが多いですね。
土地の事情などにより仕方のないことなのでしょうが堂々とさせたくはないので低めに身構えました。
b0329148_20431687.jpg
綺麗な青空の元、今日も札幌へ向けて駆け抜けていきました。

この後に友人方を駅まで送った後、北斗星は同じところで撮ると面に陽が回らないということだったので大岸へ。
向かった先は後ろがすっきりしているので前から行ってみたかった駅近くの山バック。
日曜日ということもあり、場所が無いというほどではありませんでしたが既に何人もの方が待機していました。

時折小さな雲が光線を遮ったりもしていましたが本番通過時には見事持ち返しました。
b0329148_20430955.jpg
カシオペアこそ来ませんでしたが、北海道上陸早々に夜行寝台をバリ順で決められてすでに大満足。
旅はまだまだ続きます。

[PR]

by wakashiosai | 2014-09-10 20:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)