線路端風景録

<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


紅葉の甲斐大和

中央線を紅葉と撮れることで有名な甲斐大和の高速裏にある俯瞰ポイント。

斜面を登り、定番ポイントについて見えたのはよく色づいた山。
2週連続でやってきた甲斐があったようです。

今回は空も綺麗だったので青空を入れる構図で撮影しました。
b0329148_22322161.jpg
ほんの数十分のうちに115系2色とE257系などを撮影。
俯瞰するときは遠くからでも目立ちやすい鋼製車はやはりよいですね。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-27 22:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

振り子電車

先週末もまた、山梨へ。

趣向を変えて梁川の面縦ポイントからスタート。
b0329148_20115286.jpg
そろそろ置き換え開始らしいE351系「スーパーあずさ」。
曲線が多い中央線を軽々と走りぬくことができる振り子装置つき。

卵型の細長い独特な形は今日も右へ左へ体を振らせながら今日も中央線を駆け抜けます。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-25 20:00 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

水郡「ゆう」

山梨から一気にとんだ先は茨城県。
非電化区間の「ゆう」を撮りに向かいました。

水戸で常陸大子への送り込みを撮影して知り合いと合流したあとしばらくさまよい、草木も眠る丑三つ時に到着。
三脚だけおいて車内で幾度目かの爆睡。

辺りが明るくなるころに目が覚めて見渡すと何台もの車が。
撮れるところが少ないということもあってか早朝から賑わっていました。

凍える朝に救いの手を差し伸べるような陽の光が降り注いだ直後、列車がやってきました。
b0329148_21504287.jpg
寄りすぎたかなぁ、と撮った直後に思いましたがそれはもう後の祭り。
機関車を大きく引き出したかったということで。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-23 21:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

珍客

小名路踏切で115系の編成写真を撮った後は四方津へ寄り道して甲斐大和へ。
当初はスカ色だけ撮るつもりでしたが、ばんえつ物語号の客車も来るということだったので併せて撮影。
こちらも1年ぶりに訪れた撮影地。今度こそはもっと染まっていてくれると信じて甲州街道を西へ。

相変わらず足回りが少しうるさいですが、背景の紅葉はいい感じにすすんでいました。
b0329148_22155596.jpg
機関車も含めて背景に同化するような色をした編成。
存在感を引き立てるのには少し知恵がいりそうです。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-20 22:00 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

スカ色を求めて

いまもなお残る115系のスカ色。
211系の進出もあり、最近割と高い人気となっているようです。

先週土曜(15日)は1年前に失敗してしまったリベンジをかねて小名路踏切へ。
昨年の反省をいかして撮影地には早めの到着。まだ陽も昇り切っておらず影になっていてかなり寒かったです。

やがて、南の方から顔を出した太陽に照らされ山を下って来た列車が通り過ぎていきました。
b0329148_17460340.jpg
構図も狙い通りに決められてここは満足。高速で西へと向かいました。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-19 17:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

晩秋の磐梯山バック

いよいよ冬型が強まり日本海側の山の方、東北北部や北海道は平地でもは雪になっているとか。
11月も中盤になって冬到来という感じでしょうか。

先週の土曜は只見線へ行った後は「あいづライナー」を撮るため磐越西線へ転戦。
紅葉の見ごろは山のふもとへと降りてきていました。

1号は翁島の先結構行ったところへにある有名なストレートへ。
b0329148_21173057.jpg
山の方では紅葉も終わり冬を待ち構えているようです。
開いたタイフォンカバーが残念な磐梯山バックでした。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-13 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

只見線へ

先週の土曜日はあいづライナーを撮りに福島へ。
2号まで少し時間があるので先に只見線へ行ってみました。

SLが運転されるということもあり向かった会津西方近くの第一橋梁には多くの人。
そんな中自分たちが狙ったのは朝の気動車列車。
b0329148_20064653.jpg
あと一息というところで晴れの領域にはおおわれず。
この後の9時の列車なら晴れたのでしょうがそこまで待っていられないということで撤収。

水鏡にもならずということで再チャレンジしてみたいポイントに仲間入りしました。

[PR]

by wakashiosai | 2014-11-11 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)