線路端風景録

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


白銀の磐梯山バック

猪苗代で勝った翌日も会津へ残ることにした。
深夜に雪が降り、朝までは雲が多い状態が続いていたものの徐々に晴れてきた。

自分らが立っている場所は晴れ渡ったのだが、山まで完全に晴れ渡った時間は長くなかった。
b0329148_21534906.jpg
お目当て「あいづライナー」1号の前に走る719系の普通列車。
485系に目が眩みほとんど撮っていなかった車両。

どういう車であれ撮れる時に撮っておいた方がきっと後悔は少ない、ということで。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-27 21:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

夕日の猪苗代、再び。

よい光線がさすもタイフォンが開いていたあの週末から2週間ほどたった金曜日。
全体的にもっと撮りたいということでついていった先はまた会津。

撮り鉄に人気の列車とはいえ平日となれば人はまばら。
週末に何十人も集まった撮影地はわずかに自分たちだけ。

光線はまた、太陽が雲に隠されるかどうか怪しいところ。
ただ、今回は前回と違って風が吹いていた。
新雪が舞ってせっかくつけてきた足跡もすぐにかき消されてしまう、そんな風。
b0329148_22012991.jpg
念願の「あいづライナー」4号は雪煙をほどよく上げて走って来た。

懸案事項であったタイフォンも閉まっていてここは満足。

ふたたび雪の中を軽い足取りで車に戻ることができた。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-21 22:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

もう一つの姿

半蔵門線や田園都市線が主役の東急8500系。
都心と成長した住宅街を結ぶ路線を走る電車というイメージが強い。

しかし、半蔵門線と東武伊勢崎線の直通が始まり、久喜や南栗橋まで足を伸ばすようになった。
東京のとなりの埼玉県といえど、栗橋までくれば茨城や栃木はもう目と鼻の先。
駅前は住宅街が広がっていても少し行けば田園風景が広がっているところがちらほらと見えてくる。

ここまでくれば夕日が建物に隠される心配もあまりなく撮影を楽しむことができる。
区間快速が撮れればいいやと思っていたが陽がだいぶ傾くまでついつい長居してしまった。
b0329148_20413800.jpg
運転士窓の降ろされたブラインドと窓枠の反射が夕暮れを物語る。

高架線でも橋梁部でもなくこの光線を味わえる場所はおそらく多くないだろう。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-18 20:30 | 鉄道撮影(私鉄) | Comments(0)

夕日の猪苗代

東長原ではよく晴れていたもののその後は次第に雲が増えていき昼頃は曇り。

しかし、あいづライナー4号を撮った辺りで西の空の雲が切れてきた。
夕日をあびてやってくる折返しの3号には当然期待が高まる。

ガードレールの高さくらいまでつもった雪の中をかんじきも無しに歩き続け向かった撮影地。
昼頃に比べれば雲はかなり取れたがまだ安心できる状態ではない。

勝てる、そう確信した時にようやく信号が開いた。
485系の警笛も聞こえる。

まもなく、電車はカーブを曲がってやってきた。
b0329148_21161736.jpg
残念なことにタイフォン片開き。
天気が良かっただけに悔しい気持ちが募るばかりであった。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-13 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

会津盆地を背に

国鉄色の代走と晴天を聞きつけて向かった先は会津。
秋以来に訪れたその場所は見渡す限りの銀世界。

郡山へ向かう「あいづライナー」2号は車両と盆地を見下ろす東長原の撮影地へ。
b0329148_21313061.jpg
雪化粧した会津の地を485系が快走する。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-08 22:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR) | Comments(0)

十二橋シルエット

早起きして向かった、鹿島線は十二橋。
辺り一面に広がる水郷地帯を鉄道は高架で通過する。

ちょうど一年で一番陽が出てくるのが遅い季節。
工業地帯へ向かう貨物列車がまだ明けやらん空を横目に駆け抜けてゆく。
b0329148_09133460.jpg
朝の静けさを打ち破るような唸りをあげたEF65を先頭に列車はやってきた。

菱形パンタと高架単線という多数派ではないものが重なって、その光景をより深く心に焼き付けた。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-03 20:30 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)

夕日を浴びて - E257

3月の改正を機に体制が大きく変わる房総特急。
基本的には全方面でマイナス修正に拍車がかかる内容でさみしいばかり。

「ビューさざなみ」「ビューわかしお」として走っていたころが懐かしい255系。
次の改正からは「さざなみ」、「わかしお」では更に仕業を失い、これが今度「しおさい」の主役になるようだ。

 ・

この話をまだ聞いていなかった3週間前、成田臨の185系を撮りにモノサクは亀崎踏切へ。
本番を撮り終えて撤収しようというころにやってくる列車を忘れていた。
b0329148_21472963.jpg
染まりゆく空と夕日を背に総武本線を下る「しおさい」9号。
定期列車として銚子へ向かうE257系を見ることができるのはあとわずかということだ。

[PR]

by wakashiosai | 2015-02-01 22:00 | 鉄道撮影(関東・JR) | Comments(0)