線路端風景録

さよならあずさ色

ふと画像のフォルダを眺めていたら昨年末の写真が結構ありました。

しばらく更新できなかった間にも撮影そのものはしていたのですが今日もまた少し前のネタ。

 ・ 

幕張区マリ31・32編成。
房総特急がまだ183系だったころ、定期列車に充当する編成と波動用の編成を区別するためにあずさ色のまま使われたそうです。
いつの間にか国鉄色の仲間はみんな旅立ってしまい最後まで残ったこの2編成。

成田臨などで撮ったときは無難な編成写真がすべてでしたので今回は趣向を変えて縦アングルで。
なんか縦の写真多いですね、このブログ。

趣向を変えたかった人が多かったのか梁川~鳥沢のトンネル飛び出しのところには多くのファンが。
その中を前のほうへなんとか入れてもらい撮影開始。ありがとうございました。

何本か先行の列車を見送ったあと、いよいよトンネルの向こうから本番がやってきました。
b0329148_20495846.jpg

HMがシールなのは少し残念ですが丸みを帯びた前面がよくわかるような光線状態。
冬の柔らかな陽射しのもと帰らぬ旅を続けていきましたとさ。

[PR]

by wakashiosai | 2014-04-15 21:00
<< 7268編成クーラー回送 牛込濠にて >>