線路端風景録

梅雨の早い中休み

梅雨入りして強い雨が急に降ってくるいやらしい天気から一転し、先週の日曜は晴れ。

曇ってたら曇ってたで色々考えるつもりが晴れてしまいました。
というわけで前日にいろいろあったものの無事いすみ鉄道へ。

何も考えずに朝の京葉道路を走り、少し外房線へ寄ってから大原へ向かうこの前と同じスタイル。
今回もこの前同様に西大原から。

辺りに陽射しを遮るものはなく、朝から日照りの暑い中何人も撮り鉄さんが集まっていました。

目の前にはあじさい、少し離れて線路。
どっちをぼかそうか迷った挙句、あじさいがあじさいと分かったほうがいいので奥をぼかした方を。
b0329148_21271812.jpg
前回訪れてから2か月がたち、だいぶ田んぼの稲も成長して辺り一面見渡す限りの緑。初夏らしい光景が広がっていました。

この日は千葉県民の日ということでチーバくんのHMが付くということでした。
せっかく来て、そこで走っているんだしということで接近戦を試みました。
b0329148_21351969.jpg
手すりから落ちる長い影が光線の高さを物語ります。
本来はどこかで休んでいたほうがいいような時間帯なんでしょうけど(笑)

撮りの方の鉄を初めて三年くらいになりますが、きっとまだまだ序の口です。
今年の残り半分も季節のさまざまな表情をしっかり掴み取れたらと思います。


[PR]

by wakashiosai | 2014-06-19 21:30 | 鉄道撮影(私鉄)
<< 寄り道 大麦実る >>