線路端風景録

日本最短トンネルを抜けて

ふたたび、先月21日に行ってきた吾妻線から。

朝一番で不動大橋へ行った後は日本一短い鉄道トンネルだった樽沢トンネルを俯瞰できる場所へ。
こうなった所以は岩盤が固かったためとか、トンネルの上にある一本松を残したかったとかあるようです。

樽沢トンネルを見渡せる場所になんとか入り込み機材をセットして通過する列車を待ちます。
下の方に少し電信柱が見えていますが、本当に鉄道関係の構造物以外に人工のものが見られないというところでした。

山の斜面一帯が緑でトンネルまでそれに同化していて残したかった一本松がどれなのかはよくわからないですね。
b0329148_20095834.jpg
しばらくして、1両の半分くらいの短いトンネルを湘南色の115系が通過していきました。

[PR]

by wakashiosai | 2014-10-04 20:00 | 鉄道撮影(関東・JR)
<< ブルトレ信州 飛騨一ノ宮大俯瞰 >>