線路端風景録

ゆく駅、くる駅

信越本線脇野田駅。

新幹線開業に向けた準備として現在の駅と付近の線路が今日、開業以来続いた歴史に幕を下ろします。
大正のころより使われてきた駅舎も付近の整備のために取り壊されるとのことです。

妙高6号を撮ったあと、くびき野4号を撮影して脇野田駅へ向かいました。

沿線に立つことだけが多くなった今、駅を行き交う国鉄型の音も久しぶり。
構内踏切もある趣深い駅は多くの人で賑わっていました。

「わきのだ」の駅名標と「上越妙高」駅をからめることができる場所で折返しのくびき野5号を撮りました。
b0329148_16263197.jpg
ホームで列車を待っていた人たちが到着を見守りながら列車がやってきました。

駅の周りの風景は変わりながらも、この日常の光景は今日で終わり。
明日からは新幹線駅の近くを信越本線の列車が走るそうです。

[PR]

by wakashiosai | 2014-10-18 16:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR)
<< 八高線全通80周年記念号 二丁切り >>