線路端風景録

三岐線へ 再び

このブログの初回で記事にした三岐鉄道へ再訪した。

目的は1年半前に失敗してしまった夕方の下り貨物列車。

朝は曇っていたが次第に雲が取れていき午後は快晴。
同じミスを繰り返すことの無いように構図を調整した。

カンカンカン…という今やほとんど無くなってしまった踏切の鐘の音。

その音を合図に古い機関車がタンク車を連ねた列車がやってくる。
b0329148_15394802.jpg
この日の3717列車は東武から譲渡されたという少し珍しい機関車が先頭。

列車全体が茶色と黒という目立たないもの。
しかし、警戒のためか機関車に黄色く巻かれた帯がその存在を引き立てる。

[PR]

by wakashiosai | 2015-09-23 16:00 | 鉄道撮影(私鉄)
<< 丹波の里山を行く 玉の浦のスカイブルー >>