線路端風景録

石巻貨物

震災で大きな被害を受けた東北沿岸。
今回は現在も復興工事が進む被災地へお邪魔しての撮影となった。

石巻港駅の主要な荷主となる日本製紙石巻工場も被害を受けたそうだが1年半という速さで復興を遂げた。
石巻線には紙を運ぶための列車が多く運転されており、平日ならば1日楽しめるような路線だ。

小牛田から東北線と別れ平野部にまっすぐな線路が延びる場所で下る列車を待つ。
b0329148_21591280.jpg
秋田など雪が降る地域を走ることもあるためか旋回窓が特徴的な仙台のDE10が先頭に立つ。

すがすがしい青空の下、架線のないすっきりした線路を走る列車めがけてシャッターを切った。

[PR]

by wakashiosai | 2015-12-02 22:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR)
<< 秋晴れの朝に やっぱり晴れが好き >>