線路端風景録

逃避

金谷川や越河はもう蟻一匹通さない。
そんな話を聞いた。

半信半疑であったがそれはやがて確信に変わる。

ならば他の場所を探そう、そう心に決めて1発目は面縦に切り替える。
向かった先は構図を悩んである程度動けるくらいの場所。

待つこと数時間。
やがて「ひばり」が翔けてきた。
b0329148_21551522.jpg
雲と共に。

面縦は難しいものだと実感した。

[PR]

by wakashiosai | 2016-06-21 21:30 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR)
<< 「あいづ」その名の情熱 終焉は突然に >>