線路端風景録

あの青空が恋しい

まだ訪れたことのない県を巡ることもかねて向かった先は九州。
飛行機から見えた雲と青空の織り成す天空の世界がなんと美しかったことか。
初めてというわけでもないのに妙に感動してしまった。

しばらくして降り立った先は雲の下であった。

車を走らせて向かった先は大村線。
定期運用では長崎周辺でしか見られないキハ66系が走っている。
1編成が廃車になってしまったものの14編成28両が今も健在だ。

時間が経つにつれ太陽が顔を出すようになった。
とはいえ影ができる程度で、青空と呼ぶのは少々難しいもの。
b0329148_20593079.jpg
2016/9/8 大村線 岩松~諫早 238D
いくら陽が射したといってもフィルターがかけられたような状態で思うような色は出ない。
見返せば見返すほどもう一回行きたいという欲が湧いてくる。

やがて再訪した時の新発見に期待が高まるばかりである。

[PR]

by wakashiosai | 2016-09-21 19:00 | 鉄道撮影(西日本・JR)
<< いつか再び光が差すことを願って 深緑の棚下より >>