線路端風景録

青空は遠くへ

収穫の秋。晴天の秋。
増えてきた週間予報の晴れマークに期待が高まる。

今回は先週の続き。
b0329148_21165897.jpg
2016/9/25 9216 磐越西線 関都~川桁
郡山へ向かうこの時ばかりの快速はED75が旧型客車5両を牽く。
オハニが混じらない端正な姿の5両編成でやってきた。
開く窓から顔や腕が見えるのは盛大にやられても困るが、らしさを感じられてよいものである。

残念ながら719系快速が行った後は雲が広がってきた。少しは盛り返したが結果はこの通り。
元々良くはない予報の中昼過ぎまで持ってくれたこと自体ありがたいことだったのかもしれない。
最近は編集技術が素晴らしいらしくうまくやればこんな状態も救えるという。
しかし、陽光降り注ぐときの写真がこの状況で一番なのは言うまでもない。
環境が整えばやってみたい技ではあるが曇ってしまったものはもう仕方がない。
終わりよければなんとやら。
一番良い気分で、後味よく帰途につけるのはその日の最後を美しい晴天のもとでVに決まった時だ。

[PR]

by wakashiosai | 2016-10-12 20:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR)
<< 迫りくる瞬間 みのりのいろ >>