線路端風景録

迫りくる夕闇

向かった先は眼下に大志の集落を見る尻吹峠の俯瞰。
既に多くの三脚が立ち並んでいた。

雄大な川のほとりを山に挟まれるようにして走る只見線。
冬至が近づくこの時期、下界の日の入りは本当に早くなる。
b0329148_17363551.jpg
2016/11/13 只見線 427D 会津中川~会津川口

影が川を渡り終えた。そして、列車は豆粒のようにしか写らなかった。
作戦も構図も失敗が連続した1日になってしまった。
極端に本数が少ない路線で1つミスをするというのは致命的である。
ましてやそれが1つで済まなかったらなおさらだ。
こういう日もある、と割り切って次を目指せればそれがよい。

しかし、また出かけた翌週も晴れ予報のはずが昼過ぎまで全く晴れないという結果になってしまった。
美しいはずの紅葉がどう見ても曇っているのだ。声にならないような、そんな気分で帰路についたのであった。

何が欲しかったのか忘れてしまった時。或いは、かつて描いた夢を見失いかけた時。
もう一度、求めていた物は何だったのか思い起こしてみるのがよいかもしれない。
ここで終わらせてはいけない。
そう強く想って、新たなる夢へまた一歩。

[PR]

by wakashiosai | 2016-11-30 21:00 | 鉄道撮影(信越・東北・北海道・JR)
<< 激パ現場 カントリーロード >>