線路端風景録

ノーマルモード

天皇誕生日である23日はしばらくぶりにいすみ鉄道沿線へと向かった。

冬の枯れた風景を取り入れてもあまり面白いものは無いので今の時期は編成撮りがメインとなる。
総元~西畑の少し見下ろす様になる直線で1枚撮った後は追っかけて新田野の直線へ。
大多喜と国吉でそれぞれ停車時間があるので2発ならば慌てることなく到着することができる。
b0329148_20470193.jpg
2016/12/23 いすみ鉄道いすみ線 104D 上総東~新田野

祝祭日のキハはヘッドマークを付けずに運行されている。
往時をご存知の昭和の大先輩方からすれば何らかヘッドマークを付けていた方がそれらしさが味わえてよいのかもしれないが、新津や富山に配置されていた晩年の姿を少しだけ見た平成生まれからすれば、普通列車として何も付けない姿で運行されている姿の方がよく似合うように思う。
しかし、製造50年を越しており今ここで走っていることそのものが奇跡のような車両である。
様々な需要に合わせて細かいところの配慮もなされていることに多大なる感謝をするべきなのだろう。

[PR]

by wakashiosai | 2016-12-28 20:30 | 鉄道撮影(私鉄)
<< 逃せない大きな魚 青天井 >>