線路端風景録

ねがいごと

今にのこるかつての記憶。
b0329148_14455967.jpg
2017/3/20 いすみ鉄道いすみ線 103D 大多喜~小谷松

菜の花がキハを彩る。
奇跡の復活車は今年も一足早い房総の春を走る。

 ・

未熟者なりにじっくりと計画を練った。
手段はなく方法も知らなかったがそこそこ楽しんでいた。
今となればよい思い出の一つである。
しかし欲望とは恐ろしいもので、彼の地をゆく姿をもう一度見たいと思うようになってしまった。
帰らぬ過去に囚われて叶わぬ想いだけが加速する。


[PR]

by wakashiosai | 2017-03-22 20:00 | 鉄道撮影(私鉄)
<< すぐそこにある非日常 春を掴め >>